腸は第二の脳

パスタ、パン、お好み焼きなどなど、粉な物が大好きな私ですがこれが私にとっては便秘の原因になっています。あるときインスタントラーメンを食べるともう胃から苦しくなり、ひどい目にあいました。体に良くないと思っていても無性にインスタントラーメンが食べたい時ってありすよね?年に1回や2回ならそう悪くはないだろうと食べたのがいけなかった。

その胃の苦しみは夜中じゅう続き、翌朝になっても一向にお通じを感じず、まるでお腹の中ですべての食べ物が詰まってしまっているように感じました。便秘になると頭痛がしてきてやる気もでず、気分がどんどん悪くなっていきました。早く外に出さなくちゃ!とお湯を飲んでみたり、運動してみたり、お腹をコネコネとこねてみたりしましたが、一向に気配はありません。出ないとなると余計にでない気がしてどんどん苦しくなります。

翌日こそ出て欲しい!と願いを込めてプルーンを食べたり、お水をがぶ飲みして眠りました。が、翌日もその気配はなく、もう頭も体も限界にきていました。そんな時スーパーに行った帰りに携帯をなくしてしまったことに気がつきました。私はあせりいろいろな場所を探しました。するとなぜかお腹が痛くなってきたのです。

腸は第二の脳と言われるからか?携帯をなくし焦って緊張していたからか?お腹にもその緊張感が届きいきなりぐるぐると動き始めたのです。私はこのチャンスを逃すまいとスーパーのトイレに駆け込み、すこし大変ではありましたがなんとかすべてを押し出し2日ぶりにすっきりとしました。

開放感に浸りながらトイレから出るとスーパーのサービスカウンターに私の携帯が保管されていました。便秘も解消して携帯もみつかりなんだかおかしな便秘体験でした。乳酸菌サプリ人気ランキング

この投稿は2017年1月15日に公開されました。

効果があってもなくても続けたいハイカカオチョコレート

最近話題のハイカカオチョコレート。テレビや雑誌で便秘解消に効果があると紹介されてから、かなり注目されていますよね。私は元々ミルクチョコレートよりビターチョコレートの方が好きだったので、自然とハイカカオチョコレートもよく口にしていました。そして最近チョコレート消費量が日本より桁違いに多いヨーロッパに移住したこともあり、食べる量も増えました。

生活環境自体が大きく変わったため、ハイカカオチョコレートのおかげかどうかは分かりませんが、便秘が改善していると実感し始めたのもちょうどその辺りからです。以前は不定期だったお通じが、ほぼ毎朝見られるようになりました。一時的な変化ならともかく、何か月も続いているので、これは私にとっては大きな変化です。

ハイカカオチョコレートは甘くなくて苦手という人もいますが、私はあの苦みが好きで食べているのでむしろ食べ過ぎに注意しないといけないレベルです。どんな便秘解消の方法であれ嫌なことを無理やりにというと長続きさせるのは難しいですし、好きな食べ物で改善できたらベストですよね。

ヨーロッパは安くておいしいチョコレートが多いので、誘惑に負け過ぎない程度に適量を摂って、おなかの調子もキープしたいものです。

この投稿は2017年1月15日に公開されました。

長年便秘に悩む私のいとこ

私と同い年のアラフォーのいとこは物心ついた時から便秘に悩まされてきています。
若いころは私はそんなに重大なことだとは思っていませんでしたが、普段、便秘を全くしない私が2~3日お通じがないときにお腹が苦しいと 思ったので、便秘が酷い人はいつも辛いんだろうなと分かりました。

いとこは、だいたい1週間くらいお通じがないことは普通のようで、いつもお腹が張って苦しいと言っている感じです。 今まで、色々な薬を試してきた感じですが、あまり効果は見られなかったようです。 薬の他にもハーブティーや健康食品も試してきた感じですが、体質改善にはならなかったみたいです。

心配性のいとこは将来は大腸ガンにならないか心配しています。 でも、いとこの食生活を見ていると、かなり気になる点があります。それは肉食だということです。

あまり野菜が好きではなく、どちらかといえば欧米風な食生活をしていて和食はあまり好きではないと言っていました。 体系もかなりポッチャリ体系だったりするので、食物繊維が多い野菜生活に変えるとかなり便秘には効き目がある気がします。

最近では、たまにあるお通じでいとこは満足している感じに見えますが、そのうちもっと年を取った時に便秘が元で病気にならないか心配しています。

この投稿は2017年1月15日に公開されました。

京都市内に単身引越しをする

私の実家は京都府内にあるのですが、京都駅まで1時間10分ぐらいかかるという場所でした。 京都市内での就職が決まったのですが、実家から通うのであれば、片道1時間半という時間がかかってしまいます。 残業や不規則勤務もある職場だったので、通勤は難しいということで、一人暮らしをすることになりました。

単身引越しで荷物は実家にある分だけ、引越し業者に頼むまでもないかなと思いました。 その為自分で引越しを行うことにしました。 私は車を持っていたのですが軽自動車だったので、荷物を積みきることができません。 実家近くで軽トラックをレンタルして、それに荷物を積んで、新しいアパートに運んでいきました。 家電など必要な物に関しては、あらかじめ注文しておいたのですが、 引越し後に届けてもらうように手配していました。

単身引越しで引越し代にお金をかけたくはないと思っていたので、レンタカー料金、 ガソリン代で引越しができたのは大満足だと思いました。 しかし駐車場を契約していなかったので、レンタカーをどこに停車させて荷物を運びこむのか、 というところには気を遣いました。

単身引越しではありましたが、引越しというと誰かに手伝ってもらう、 もしくは業者に頼むというイメージがあったので、引越しをしてみて、 一人でできるんだなと思いました。 車で一時間半ぐらいでいける京都府内での移動だったので、 その近さのおかげでこの方法でできたのかなとも思います。

引越し業者は単身引越しのためのパックなども売り出していますが、 それを利用してもやはりコストはかなりかかります。 自分ですることがコスト削減のためには、良いと思いました。

この投稿は2017年1月15日に公開されました。

奄美大島から千葉へ引越し

奄美大島から千葉に単身引越しすることになりました。距離は千葉まで1300キロもあります。 さすがにこんな長距離の引越しは初めてでした。理由としては仕事の都合です。 よって単身引越しになりました。 色々な引っ越し業者を調べてみました。

結果どこも同じような感じ。 やはり千葉までは高い。そんな中で日本通運の引越しサービスの中に単身パックという 単身引越しのためのサービス商品がありましたので、利用することにしました。 もともと家具などは一切持って行かない予定でしたので、 見積もりでは1番安いサイズのパックに収まりました。

NETで見積もりと申し込みをしました。実際の査定などはなく、 当日取りに来てくれるだけなので非常に手軽です。 結局中身は段ボール10個と荷物少々くらいで済んでしましました。 それらを鉄枠で出来たボックスに詰め込んでそのまま発送だそうです。 時間は15分ほどで終了しました。 千葉での受け取りの際も宅急便感覚の引越しといった感じでしたね。 普通の配達の2トン車くらいの車で来て15分ほどで終了。

そんな感じで非常に手軽に完了した引越しになりました。 単身引越しの場合は通常の引越しはやめて、 なるべく荷物を減らしてこういったサービスを利用するのがオススメです。 そのほうが料金もやすく時間も掛からずですし、 もしかしたら通常の引越し料金との差額で新しい家具が揃ってしまうかもです。 ちなみに日本通運さんは奄美大島側、千葉側と、 引越し作業員の方はともに気持ちもよく的確なサービスをして頂きました。満足です。

この投稿は2017年1月15日に公開されました。

足立区での一人暮らしをしました

私は元々実家が東京都の足立区だったんですが、実家を出ることになり、一人暮らしを始めることになりました。親元からなるべく離れたかかったものの、職場の都合もあって同じ足立区内で物件を見つけたいなぁと思い、たくさんの物件情報を見てついにいいところを見つけることができました。

そこはマンションだったんですが、一人暮らしにも悪くないところでしたし、なんといっても交通がとても便利だったんです。

私は元々池袋が好きで、よく遊びに行っていたんですが、実家からではバスと電車が必要で、結構面倒だったんです。

ですが、その足立区での一人暮らしの場所からなんと徒歩1分の場所にバス停があって、そこから1本のバスで池袋駅まで行くことができました。これには本当に感激しました。

また、徒歩数分で江北駅にも行けたのでどこにいくにも本当に便利でしたし、駅前なのであらゆるお店などにも困りませんでした。

足立区での一人暮らしなんて聞くと、知らない人は田舎とか不便そうとか、治安が悪そうとか思うかもしれませんが、そんなことはありません。

私の住んでいたその足立区の一人暮らしのマンション近辺はとても便利でしたし、全く田舎ではなく、都会そのものでした。

また、治安も悪くなく、穏やかな人が多い気がしました。

ですから、一人暮らしを始めたい人がいたら、足立区にも注目してほしいと思います。

家賃が安いわりにとにかく便利な場所ですし、とくに足立区の江北付近に注目してみてください。池袋駅まで1本のバスがありますし、江北駅もあるので本当に快適な一人暮らしが送れること間違いありません。

この投稿は2017年1月15日に公開されました。